2010年03月01日

着色料の安全性

着色料の長所と短所に関しては、はっきりしています。
食品の安全という点で考えればマイナスの可能性が高いですし、商品価値という点ではプラスとなる可能性が高いですよね。
ただ、すべての着色料が食品の安全を損なうというわけではありませんし、すべての着色が商品にとってプラスになるとは限りません。

まず、短所の面から検証していきましょう。
着色料は天然添加物と合成添加物の差がより顕著で、最近では天然添加物を使用しているという記載をしている食品も増えていました。
逆に言えば、それだけ食品の安全に対する意識が社会に浸透してきたといえますが、合成添加物が体に悪いことの裏づけともいえます。
実際、合成添加物を使用した着色料は、体によくありません。

例えば、着色料の原料の一つであるアカネ色素などは、肝臓の発がん性、遺伝毒性といったものが認められ、既存添加物からはずされたという経緯があります。
よく食品添加物にはがんになりやすい物質が含まれていると言われますが、実際にそういった例があるのです。

こういった、遺伝子損傷やガンについては、様々な人、あるいは団体が指摘し、着色料の使用禁止を訴えています。
ただ、大げさであったり過剰な表現を用いることも少なくありません。
実際、着色料はよほど過剰に摂取しなければ、人体には影響がないという意見もあります。
合成添加物を使用した着色料に関しては、必ずしも体に悪いとは限らないのです。

そして、天然の着色料に関しても、必ず体に悪くはない、ということはありません。
この双方にそこまで明確な差はないというのが現状です。

着色料における最大の短所は、ある意味この点かもしれません。
posted by フード at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

酸化防止剤の安全性

食品の敵として、酸化という現象があります。
よく酸化=腐るという印象を持っている方がおられるかもしれませんが、そうとは限りません。
また、酸化防止剤と保存料を同じものと考えている方も結構いるようですが、両者は確実に違います。

保存料は、食品を長持ちさせるためのもので、腐るのを防ぐ効果があります。
一方の酸化防止剤は、酸化を防止し、酸が浮いてこないようにする働きがあるのです。
よくセットで扱われるこの両者には、明確な目的の差があります。

酸化防止剤は、どちらかというと外見を整えるための添加物です。
酸が浮くことで、見かけが非常に悪くなる事があり、それによって消費者が腐っている、劣化している、あるいは不良品なのではないかと判断するのを防ぐためです。
酸化する事で起こる現象としては、主に変色や風味の変化です。
これらを見た場合、やはり消費者にはあまり良い印象を与えないのが実情でしょう。

しかし、最近では食品の安全を考慮し、酸化防止剤をあえて使用しない食品も増えています。
その場合、注意書きに「色が変わる場合がありますが、内容にはまったく影響がありませんので安心してお召し上がりください」といった旨の表記がなされることが多いですね。
こういった表記を見たら、酸化防止剤が使われていない食品と判断していいかと思います。

この酸化防止剤は、エリソルビン酸ナトリウムや亜硫酸ナトリウムなどのように、あまり体によくないとされる化学合成物質が含まれる一方、ビタミンCやビタミンEを使用しているケースもあります。
つまり、必ずしも体に悪いものばかりとは限らないということです。
食品の安全という面では、長所にも短所にもなると言えます。
食品の安全をしっかり考えるならば、この酸化防止剤について注意深く調べておきましょう。
posted by フード at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

香料の安全性

食品に対し、香りをつけることで食欲を増大させる働きを持つ、香料。
一部味を付けることもあり、添加物としてはよく使用される機会が多いようです。
多くの食品は、たとえ原材料に限りなく近い物であっても、この香料だけは使用しているというケースが目立ちます。
それくらい香料は食品において重要な添加物と言えるのでしょう。

そんな香料ですが、果たして他の合成添加物同様、食品の安全上よろしくないのでしょうか。
結論から言えば、香料にも天然と合成があり、合成添加物の場合はあまり体によくない材料を使っています。
石油から得られるアセチレン、あるいはエチレンなどがそうですね。
脂肪酸なども用いる機会が多いようです。
こういったものは、体にとっていきなり極端な害を及ぼすことはないかもしれませんが、積もり積もった場合はどうなるか保障はできません。
食品の安全を第一に考えるなら、あまり使用してほしくないものと言えます。

では、一方の天然香料はいかがでしょうか。
基本的に、天然香料は植物油を使用するケースがほとんどです。
ただ、この天然香料にはやや製造過程における、製作サイドに対しての欠点が多いとされています。
例えば、植物の収穫時期は限られているので、需要の変化に対しての対応が難しい、気候によって生産量、質が変動する、基本的に高価である・・・といった点などです。
こういった欠点があるので、商品価値としてみると、コスト面での不安は拭えず、積極的に使用するという姿勢はあまり見られません。
高級志向の食品以外には、あまり使われていないのが現状です。
食品の安全を重視している今でも、その流れは変わりそうにないですね。
posted by フード at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

甘味料の安全性

甘味料も、添加物の一つとして有名なものですね。
食品の安全を考える場合、この甘味料についても一考の余地があるかと思います。

甘味料は、その名が示すとおり、甘さを補う為の添加物です。
調味料の一つに数えられるかと思います。
つまり、食品に該当するというわけです。
しかし現状では、食品としてより添加物として扱われるケースのほうが多く、甘味料というと添加物という印象が色濃いようです。

一方、砂糖や蜂蜜に関しては、食品という見方も根強くあります。
特に蜂蜜や水あめに関しては、単独で食す人も多く、食品のカテゴリーに入るのでは、という意見が多いのもうなずけるところです。
一方、果糖やエリスリトールなどに関しては、添加物の印象が強いようです。
どちらも甘味料に違いはないので、結局のところ定義はあいまいと言わざるを得ません。

そんな甘味料ですが、他の添加物同様、天然と合成があります。
天然の甘味料は、砂糖、蜂蜜、メープルシロップなどです。
ブトウ糖もこちらに入ります。
一方の合成添加物は、エリスリトール、マルチトール 、ステビア加工の甘味料などです。

ただ、甘味料に関しては、もう一つカテゴリーがあります。
食品添加物の甘味料という、食品には存在しない甘み成分を人工合成したもので、さらに化学色の強いものです。
サッカリン、アスパルテーム、キシリトール、パラチノースなどです。
キシリトールなどは、ガムのCM等でよく耳にすることもあるでしょう。

これらの甘味料に関しては、香料同様、食品の安全上あまりにも好ましくない、といった物質はほとんど含まれてはいません。
しかし、まったく問題ないというわけでもありません。
天然素材ではどうしても出ない甘さを出す為に、ある程度体によくないものも使用しているのが現状でしょう。
食品の安全を考える上で、そういったものに対する意識もこれから変わってくるかもしれません。
posted by フード at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

凝固剤の安全性

液体を固体、あるいは半固体にする為のものとして使用される凝固剤も、添加物の一つに数えられます。
有名なのは、豆腐のにがり、寒天、ゲル化剤といったところでしょうか。
この凝固剤に関しても、食品の安全上どうなのかについて検証していきましょう。

基本的に凝固剤の場合、食品の安全を害するどころか、体にいいものが多いですね。
豆腐のにがりがその代表例で、にがりを使用した健康商品がたくさん世に出回っているとおり、にがりは体にいいのです。
にがりを使ったクッキーは健康食品の定番ですし、にがりを水に混ぜて米を炊いたり、にがりを風呂の中に入れたりすることで、健康、あるいは美容に良い作用を及ぼすという見解はもはや一般常識になりつつあります。
寒天にしてもそうです。
ゼリーなどを作る際に使用しますが、元々海草なので、体には良いのです。

では、すべての凝固剤が体にいいのか、食品の安全上優れた添加物なのかというと、そうとは限りません。
人工的に作成するゲル化剤の中には、体にあまりよくない材料を使用するものもあります。

とはいえ、他の添加物と比較した場合、もっとも食品の安全を脅かさないのが、この凝固剤と言えます。
味や色、香りを弄ったりしないので、そういった面でも無理に体によくない素材を使用する必要性がないところが大きいのでしょう。
凝固剤に関しては、そこまで深刻に考える必要はないかと思います。
むしろ、健康食品としての凝固剤のあり方の方が、必要性が高いといえるくらいです。
ラベル:凝固剤
posted by フード at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

なぜ食品偽装が起こってしまうのか

ここ数年、食品のあらゆるものに対して、偽装という悪質な方法によって隠蔽を行っていた事実が明るみになっています。
食品の安全の崩壊は、この偽装が何よりも表しています。
偽装された食品の安全など、ないに等しいのですから。

この偽装というのは、なぜ起きてしまうのでしょう。
答えはいくつか存在しているかと思います。

まず、食品製造会社にとって、一番重要なのは、他の会社との競争です。
食品は、すべての人間にとって例外なく必要なもの。
調理したものか素材かの違いはありますが、食品を購入しない家庭はまずないでしょう。
つまり、食品とは決して需要が途切れることのないものと言えます。

それが何を意味するかというと、独占的な商売はできない、ということです。
そして同時に、多種にわたるライバル関係が生まれるともいえます。
例えば、スーパーの食品売り場と、お弁当屋さんと、ファミリーレストラン。
これらは直接的な対立関係が生まれるというわけではないものの、食品を提供するという点で一致している以上、競争原理が生まれてしまいます。
簡単に言えば、需要の争奪戦ということになるのです。

この争奪戦に勝つには、どうすれば良いのでしょう。
答えは簡単です。
ニーズに答えられる商品を出す。
これに尽きます。
では、ニーズとはどのようなものなのでしょう。
一般家庭のニーズは、基本的には一致しています。
安いものです。
味よりも何よりも、コストを重要視する家庭が一番多いのです。
ここに、食品の安全を無視した偽装の根源があると言っていいでしょう。
posted by フード at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品偽装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

産地偽装問題

食品の安全を脅かす偽装問題ですが、それにはいくつかの種類があります。
まず、産地の偽装です。
簡単に言えば、実際に食材を作ったり加工したりした場所とは違う場所を、原産地として記入表示することです。
いわゆる詐欺ですね。

この詐欺行為ですが、一見食品の安全を考えた上ではそこまで深刻ではない、と思われがちです。
これを行う動機としてよくあるのが、ウナギや松茸、牛肉のような、産地によって大きな値段の差が生まれるものを、高く買ってもらう為です。
ですから、日本国内のどこかで取れたウナギを静岡産の天然物として売る場合、消費者を騙して金銭を多く徴収するひどい詐欺行為ではあるのですが、安全面ではそれほど問題はないように思えます。
秋田県の比内地鶏の偽装などがこれに該当します。
しかし、この産地の偽装は、実際には食品の安全を大きく妨げる要因となります。
簡単に言えば、中国産などの外国産の商品を、国内産と偽った場合です。

アメリカの牛肉が一時輸入ストップとなった前後、アメリカ産の牛肉を国内のものとして売る偽装が見受けられました。
これは、アメリカの牛肉として売ると、あまり売れないからです。
同様に、米に関しても同じような現象が見られました。

日本国内で作られたからといって100%安全とは限りません。
しかし、外国で作られた食材に、人間の体に極端に悪い物質が含まれている可能性は、国内生産のものよりはるかに高いと言わざるを得ません。
産地の偽装は、そのリスクを避ける為に国内生産の商品を買っている消費者を、危険な目に合わせる可能性が高いという、きわめて悪質なものなのです。
posted by フード at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品偽装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

消費期限、賞味期限の偽装問題

食品の安全を脅かす偽装問題で最も多いケースと言えば、消費期限、賞味期限の偽装です。
赤福も、不二家も、白い恋人も、ダスキンも、この偽装によって事件を起こし、ニュースをにぎわせてしまいました。

消費期限の改ざんは、コストの削減というただ一点に尽きます。
そして同時に、消費期限の改ざんに関しては、小売店レベルでも頻繁に行われています。
消費期限が過ぎてしまった売れ残りの商品、あるいは需要が足りずにそのまま放置された食材に対して、さも切れていないかのように売るというのは、まったく珍しいことではないようです。
一番多いのは、ある程度保存の利く食材の消費期限を偽り、加工して売るというもの。
消費期限はある程度余裕を持って設定されているので、多少オーバーしても問題ないだろうという安直な見方で行うパターンが多いようです。

次に、一度店舗に出した商品が賞味期限切れとなり、それを再び加工して売るというケース。
例えば、魚を売り場に並べたが、賞味期限の日にも売れなかった場合、それを煮物にして消費期限を引き延ばし、惣菜売り場に並べる。
あるいは揚げ物にして並べる。
こういった食品の安全を脅かす例は各地域で普通に見受けられるでしょう。
更には、明らかに期限が切れた商品を一度回収し、表示だけを変えて再出荷する。
このような偽装は、恐らく当たり前のように行われているのでしょう。

これには、消費期限の設定に対して疑心暗鬼となっているといういいわけも通用します。
消費期限が早すぎる物に対しての抵抗という意味合いでこのようなことをしたというメーカーもありました。
そういった事実があるにせよ、偽装などは論外なのですが、消費期限の設定に関しては、もう少しオープンにすべきかと思います。
食品の安全の大きな問題の一つとして、消費期限というものがどのように決まっているか、一般にはわかりづらいという点も確かにあります。
是非明るみにしてほしいものです。
posted by フード at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品偽装 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

食中毒に対する危機管理

食品の安全が保障されない時代というのが、2000年代後半を象徴する表現かと思います。
消費期限が切れた物を、普通の期限内の商品として出される。
海外から輸入した商品を、国内の商品と偽って店頭に並べる。
こういった問題がようやく明るみになりましたが、恐らくはもっと前から日常的に行われていたのでしょう。

このような問題の一番の悪影響は、子供やお年寄りが食中毒で命を落としかねないということです。
強力な毒でも入っていない限り、成人した大人は死ぬということはないかもしれませんが、免疫力の低い子供やお年よりは別です。
食品偽装によって農薬が混入した商品を食べ、意識不明の重体に陥った餃子事件のように、死者が出ても一向におかしくない問題なのです。

食中毒について、いくつか検証してみましょう。
食品の安全を考える上で、食中毒とはすなわち最悪の事態です。
食品の安全を確保する為には、食中毒を絶対に起こさない事が大前提です。
つまり、消費期限の切れた食品を食べたり、農薬が混入されている可能性のある商品を売るというのは、その最低限のことすら守れていないことになります。

食中毒には、細菌性のもの、ウイルス性のもの、科学性のもの、自然性のものがあります。
食品の偽装によって起こりうる食中毒は、細菌性と化学性食中毒がほとんどです。
これらの食中毒は、症状によっては死につながります。
それくらい危険なものだというのを、諸外国であったり、一部の日本人が理解していない事こそ、最大の問題点と言えるでしょう。
ラベル:食中毒 消費期限
posted by フード at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

現代社会における食の安全とは

食品の安全が完全に確保できなくなっている現代。
このままだと、未来はどうなってしまうのでしょう。

まず、冷凍食品の市場がかなり痛手を負っていますが、この流れは更に加速する可能性が高いと言えます。
冷凍食品は、どうしても食品の安全上グレーゾーンが多く、問題が起こる可能性が高い商品です。
簡単に言ってしまえば、凍らせる事でごまかせる部分がたくさんあるからです。
まじめに作っているほとんどのメーカーにとっては、あまりにも悲しい現実ではありますが、かなり厳しい立場にいると言わざるを得ないでしょう。

冷凍食品が日本から消える可能性は、ないとは言い切れません。
ですが、一方で安価な冷凍食品を望む声は今もなお根強く残っています。
改善は難しいかもしれません。

同様に、スーパーなどのお惣菜コーナーもかなり厳しくなってきます。
すでに賞味期限の切れた物を売る為の方法として行っているのではないか、という疑いの目が向けられているからです。
こうなると、売り上げにも響きますし、その惣菜をおいているというだけでスーパー全体が悪い目で見られる可能性もあります。
とはいえ、弁当や惣菜をスーパーで購入する人は依然として多いことから、今後消えるという可能性もかなり薄いといえるでしょう。

加えて、産地に関しても、表記は徹底されていくでしょう。
すべての商品に詳しい産地が表記するのはかなり難しいので、バーコードにその情報を取り入れ、レシートに出力される、などの方式が取られる可能性があります。
長々と続くレシートを延々と見ていくことになるでしょう。
あるいは、携帯で見ることができるようなシステムが作られるかもしれません。

こう考えると、食品の安全の未来はなんとなく見えてきます。
変わるのは消費者への負担で、体質自体はさほど変化がないという可能性が高いです。
食品の安全とは、そういう問題です。
ですから、国に守ってもらおう、メーカーを信用しようと思わず、自分で判断していくという流れになっていくでしょうし、それが一番自分と家族を守る最適な手段なのかもしれません。
ラベル: 安全 冷凍食品
posted by フード at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。