2010年02月03日

甘味料の安全性

甘味料も、添加物の一つとして有名なものですね。
食品の安全を考える場合、この甘味料についても一考の余地があるかと思います。

甘味料は、その名が示すとおり、甘さを補う為の添加物です。
調味料の一つに数えられるかと思います。
つまり、食品に該当するというわけです。
しかし現状では、食品としてより添加物として扱われるケースのほうが多く、甘味料というと添加物という印象が色濃いようです。

一方、砂糖や蜂蜜に関しては、食品という見方も根強くあります。
特に蜂蜜や水あめに関しては、単独で食す人も多く、食品のカテゴリーに入るのでは、という意見が多いのもうなずけるところです。
一方、果糖やエリスリトールなどに関しては、添加物の印象が強いようです。
どちらも甘味料に違いはないので、結局のところ定義はあいまいと言わざるを得ません。

そんな甘味料ですが、他の添加物同様、天然と合成があります。
天然の甘味料は、砂糖、蜂蜜、メープルシロップなどです。
ブトウ糖もこちらに入ります。
一方の合成添加物は、エリスリトール、マルチトール 、ステビア加工の甘味料などです。

ただ、甘味料に関しては、もう一つカテゴリーがあります。
食品添加物の甘味料という、食品には存在しない甘み成分を人工合成したもので、さらに化学色の強いものです。
サッカリン、アスパルテーム、キシリトール、パラチノースなどです。
キシリトールなどは、ガムのCM等でよく耳にすることもあるでしょう。

これらの甘味料に関しては、香料同様、食品の安全上あまりにも好ましくない、といった物質はほとんど含まれてはいません。
しかし、まったく問題ないというわけでもありません。
天然素材ではどうしても出ない甘さを出す為に、ある程度体によくないものも使用しているのが現状でしょう。
食品の安全を考える上で、そういったものに対する意識もこれから変わってくるかもしれません。
posted by フード at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。