2010年02月22日

酸化防止剤の安全性

食品の敵として、酸化という現象があります。
よく酸化=腐るという印象を持っている方がおられるかもしれませんが、そうとは限りません。
また、酸化防止剤と保存料を同じものと考えている方も結構いるようですが、両者は確実に違います。

保存料は、食品を長持ちさせるためのもので、腐るのを防ぐ効果があります。
一方の酸化防止剤は、酸化を防止し、酸が浮いてこないようにする働きがあるのです。
よくセットで扱われるこの両者には、明確な目的の差があります。

酸化防止剤は、どちらかというと外見を整えるための添加物です。
酸が浮くことで、見かけが非常に悪くなる事があり、それによって消費者が腐っている、劣化している、あるいは不良品なのではないかと判断するのを防ぐためです。
酸化する事で起こる現象としては、主に変色や風味の変化です。
これらを見た場合、やはり消費者にはあまり良い印象を与えないのが実情でしょう。

しかし、最近では食品の安全を考慮し、酸化防止剤をあえて使用しない食品も増えています。
その場合、注意書きに「色が変わる場合がありますが、内容にはまったく影響がありませんので安心してお召し上がりください」といった旨の表記がなされることが多いですね。
こういった表記を見たら、酸化防止剤が使われていない食品と判断していいかと思います。

この酸化防止剤は、エリソルビン酸ナトリウムや亜硫酸ナトリウムなどのように、あまり体によくないとされる化学合成物質が含まれる一方、ビタミンCやビタミンEを使用しているケースもあります。
つまり、必ずしも体に悪いものばかりとは限らないということです。
食品の安全という面では、長所にも短所にもなると言えます。
食品の安全をしっかり考えるならば、この酸化防止剤について注意深く調べておきましょう。
posted by フード at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139805401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。