2010年03月01日

着色料の安全性

着色料の長所と短所に関しては、はっきりしています。
食品の安全という点で考えればマイナスの可能性が高いですし、商品価値という点ではプラスとなる可能性が高いですよね。
ただ、すべての着色料が食品の安全を損なうというわけではありませんし、すべての着色が商品にとってプラスになるとは限りません。

まず、短所の面から検証していきましょう。
着色料は天然添加物と合成添加物の差がより顕著で、最近では天然添加物を使用しているという記載をしている食品も増えていました。
逆に言えば、それだけ食品の安全に対する意識が社会に浸透してきたといえますが、合成添加物が体に悪いことの裏づけともいえます。
実際、合成添加物を使用した着色料は、体によくありません。

例えば、着色料の原料の一つであるアカネ色素などは、肝臓の発がん性、遺伝毒性といったものが認められ、既存添加物からはずされたという経緯があります。
よく食品添加物にはがんになりやすい物質が含まれていると言われますが、実際にそういった例があるのです。

こういった、遺伝子損傷やガンについては、様々な人、あるいは団体が指摘し、着色料の使用禁止を訴えています。
ただ、大げさであったり過剰な表現を用いることも少なくありません。
実際、着色料はよほど過剰に摂取しなければ、人体には影響がないという意見もあります。
合成添加物を使用した着色料に関しては、必ずしも体に悪いとは限らないのです。

そして、天然の着色料に関しても、必ず体に悪くはない、ということはありません。
この双方にそこまで明確な差はないというのが現状です。

着色料における最大の短所は、ある意味この点かもしれません。
posted by フード at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139805544
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。